万葉集にも詠まれた多摩のよこやま

石碑

「赤駒を山野に放し捕りかにて多摩の横山徒歩ゆか遺らむ」万葉集(巻ニ十・4417)


この歌は多摩のよこやまの名前の由来になった防人の妻が歌った歌です。


「多摩のよこやま」の散策コースのちょうど中間点に位置する一本杉公園にこの歌が刻まれた 石碑は置かれています。


多摩市民の憩いの散策コースとしてだけでなく、多くの散策ファンや歴史研究者にとっても 注目を浴びる「多摩のよこやま」を歩いてきました。


西順路はスタートを丘の上広場(多摩東公園)から東は長池公園まで全長10キロの道のりを歩いて きたのでよこやまの道を疑似体験してくださいね。


(詩の意味・赤駒を山野に放牧して捕まえれず、夫に多摩のよこやまを歩かせてしまうのだろうか。 という内容です。北九州での防人の兵役に付くため夫を送り出す妻の心情があらわれた歌なのです。)



オススメ情報

よこやまの道の桜

新着記事

個人的なオススメスポットを紹介

管理人のよこやまの道おすすめスポットを紹介します。


多摩のよこやまに関する質問集

よこやまの道を散策するまえにチェックしておきましょう。


多摩のよこやま「桜」「紅葉」の見ごろ

多摩のよこやまでの「桜」「紅葉」の見ごろを紹介します。


多摩のよこやまへのアクセス方法と地図

最寄駅から多摩のよこやまへの代表的なルートを紹介


よこやまの道の桜(サクラ)の見所

よこやまの道の桜スポット